MENU

英語で「少々お待ちください」は何と言う?ビジネスや接客で使える丁寧な表現

相手を待たせてしまう場面では、トラブルを未然に防ぎたいですよね。
丁寧な言い回しを覚えて思いやりのこもった一言を添えるだけで、印象を変えることができます。

今回はビジネスメールや接客で使える「少々お待ちください」の英語表現をご紹介します。

ビジネス英語を学びたいなら
おすすめのオンラインビジネス英会話
Bizmates(ビズメイツ)
https://www.bizmates.jp/

ビジネス特化型のオンライン英会話で「レッスン価格」「満足度」ともにNO.1のBizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)がおすすめの人
  • ビジネス英会話が初めての人
  • 低価格・高品質のビジネス英会話を学習したい人
  • 自分の職種・職業に合うビジネス英語を学びたい人

初心者からでも最低限のフレーズを習得できる教材や質の高い講師との実際のビジネスシーンを想定された英会話で97.1%の受講生が満足しているオンライン英会話サービス。

通学を超える高品質クオリティで継続率90.2%と続けやすい、コストパフォーマンスの高いビジネス特化型オンライン英会話です。

無料体験レッスンを申し込む

【目次】 この記事でわかること

「少々お待ちください」の丁寧な英語表現【シーン別】

相手が目の前にいる場合

外国人のクライアントを待たせることは、ビジネスシーンでよくあります。また、飲食店や販売店などでも外国人のお客様に「少々お待ちください。」と言う機会はよくあります。
どちらにせよ、相手は大切なお客様です。ですから、相手が不快な気持ちにならないよう丁寧な表現を使う必要があります。

では、相手が目の前にいる場合の「少々お待ちください。」のフレーズをみていきましょう。

Just a moment, please.

(少々お待ちください。)

「please」を付けることで丁寧な表現になります。

I’ll be with you in the moment.

(少々お待ちください。)

直訳すると「あなたと一緒にしばらくいます。」ですが、すぐに接客します、というニュアンスがあります。

Could you wait for a moment, Please?

(少々お待ちいただくことはできますか?)

「Could you 〜」は、「〜することはできますか?」と物理的にできるかどうかを丁寧にお願いする表現です。

Would you wait for a moment?

(少々お待ちいただけますか?)

「Would you 〜」は「Could you 〜」よりもフォーマルな表現になります。「〜してもらえますか?」と意思を確認するフレーズです。最後に「please」を付けるなら、さらに丁寧な表現になるでしょう。

Would you mind waiting for a minute?

(少々お待ちいただけるでしょうか?)

待たせる理由も述べる場合

I will check the stock.

(在庫を確認してきます。)

在庫を確認するために待って欲しいときに使える表現です。お客様も理由を言ってもらえることで安心するでしょう。

I will be back in a few minutes.

(2〜3分で戻ってきます。)

具体的な時間を述べるなら親切です。

ビジネスメールの場合

取引先やクライアントに、何かしらの回答や資料を数日お待ちください、とメールで伝えたい時があります。日本語では「少々お待ちください。」と表現しますが、英語では以下のように丁寧に表現します。

I will get back in a few days.

(数日後に返信します。)

回答までに少々お待ちください、のニュアンスも含まれています。

Please wait a few days.

(数日間、お待ちください。)

「a few days(数日間)」を「a few seconds(数秒)」「a few minutes(数分)」と置き換えて表現することもできます。メールの場合は、「a few days」や「a few weeks」と表現できるでしょう。

Give me a few days.

(数日間、私にください。)

待つという行為よりも、何かをするために時間が欲しい旨を伝える表現です。文頭、もしくは文末に「please」を付けるなら丁寧な表現になります。

We will contact you again about the matter within a week.

(この件については、1週間以内にご連絡します。)

返信する時期を述べるなら、相手も安心します。

I would appreciate it if you could wait for a few days.

(数日間お待ち頂けるのであれば、感謝します。)

回答までに数日間待たせるのであれば、感謝の気持ちも一緒に伝えておきましょう。

We will get back to you at the soonest possible time.

(できる限り、早めに返信いたします。)

相手に誠実さが伝わるフレーズです。

I will get back to you once I get any updates.

(最新の情報が入り次第、また再度連絡させていただきます。)

詳細や状況を確認してから、メールの返信をしたい時に使える丁寧な表現です。

Please give me a few days to investigate about it.

(その件に関して調査をしたいので、数日間お待ちいただけますか?)

メールの回答に少し時間がかかりそうな時は、その旨を伝えておきましょう。

電話の場合

電話の相手が外国人の場合や、第三者に電話をつなぐときに使えるフレーズをみていきましょう。

Hold on the line, please. / Please hold on.

(少々お待ちください。)

電話の場合は、「hold」や「hold on」など「電話を切らずに待つ」の意味をもつ表現と使います。

Please hang on a second.

(少々お待ちください。)

If you could kindly wait until tomorrow, I am sure that 〇〇 will get in touch with you.

(明日までお待ちいただければ、〇〇が必ずあなたにご連絡します。)

担当者が不在のときに使えるフレーズです。

I’ll ask him to call you as soon as he gets back.

(担当者が戻り次第、折り返し電話をするよう伝えます。)

担当者が不在のときに使ってみましょう。

待たせた相手へ感謝を伝えるフォーマルな英語表現

相手を待たせたのであれば、お待ちいただいた行為への感謝を忘れないようにしましょう。特にビジネスシーンでは、感謝の気持ちを伝えることはビジネスマナーですので、感謝の表現もマスターしておきましょう。

Thank you for your patience.

(お待ちいただいたご辛抱、ありがとうございます。)

相手に直接、またメールでも使える表現です。

Your patience would be much appreciated.

(お待ちいただき、ありがとうございます。)

丁寧な表現をすることで、感謝の気持ちが伝わるでしょう。

Thank you so much for waiting.

(大変お待たせしました。ありがとうございます。)

シンプルな表現ですが、よく使われている定番フレーズです。

「少々お待ちください」のカジュアルな英語表現

気心の知れている友人や家族に対して、「少々お待ちください。」と言う表現は使いませんよね。でも、同じニュアンスの「ちょっと待ってて」「待ってて」などの表現は使うことでしょう。では、英語のカジュアルな表現を確認してみましょう。

Wait a minute.

(ちょっと待ってて。)

「a minute」を「a seconds(数秒)」「a  minutes(数分)」と置き変えて表現してすることもできます。

Just a moment.

(ちょっと待ってて。)

「Wait a minute」よりも丁寧な言い回しです。

Give me a second.

(私に1分ちょうだい。)

親しい間柄でこそ使えるフレーズです。

I’ll be right back.

(すぐに戻るね。)

これも定番フレーズです。

待たせた相手へ感謝を伝えるカジュアルな英語表現

Thank you for waiting.

(待っていてくれてありがとう。)

Sorry to keep you waiting.

(待たせてしまいごめんね。)

まとめ

今回は、ビジネスシーンなどで使える「少々お待ちください」の英語表現をご紹介しました。待たせるという行為は、相手の時間をもらうこととも言えます。

よって、特にビジネスシーンでは、丁寧な表現をするかどうかで、今後のビジネスに大きな影響を与えると言っても過言ではありません。
丁寧な表現ができるよう使いこなしていきましょう。

おすすめのビジネスオンライン英会話

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること