MENU

「TBC」の意味は?何の略?「TBD」「TBA」「TBS」との違いについて

ビジネスメールや書類でよく使われている「TBC」という略語の英語表記。

「TBC」以外にも「TBD」「TBA」「TBS」など似たような略語も出てきます。どのような意味があるのでしょうか?

この記事では、ビジネス書類など使われる略語についてご紹介します。

ビジネス英語を学びたいなら
おすすめのオンラインビジネス英会話
Bizmates(ビズメイツ)
https://www.bizmates.jp/

ビジネス特化型のオンライン英会話で「レッスン価格」「満足度」ともにNO.1のBizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)がおすすめの人
  • ビジネス英会話が初めての人
  • 低価格・高品質のビジネス英会話を学習したい人
  • 自分の職種・職業に合うビジネス英語を学びたい人

初心者からでも最低限のフレーズを習得できる教材や質の高い講師との実際のビジネスシーンを想定された英会話で97.1%の受講生が満足しているオンライン英会話サービス。

通学を超える高品質クオリティで継続率90.2%と続けやすい、コストパフォーマンスの高いビジネス特化型オンライン英会話です。

無料体験レッスンを申し込む

【目次】 この記事でわかること

ビジネスで頻繁に使われている略語

ビジネスメールや書類では、略語が頻繫に使われています。一単語が長い場合は、頭文字だけをとって簡易的にすることで、タイピングの効率につながります。

実際にネイティブの間で使われている略語は数多くありますが、その中でもよく使われている「TBC」「TBD」「TBA」「TBS」についてみていきましょう。

「TBC」=「確認中」

「TBC」は、「to be confirmed(トゥービーコンファームド)」の略語です。すでに決定・確定しているが、最終確認がとれていない、という意味があるため、「確認中」というときに使われます。

Mr.○○〇(TBC)

意味:Mr.○○〇は確認中

「TBD」 =「後日決定予定」

「TBD」 は「to be determined(トゥービーデターミンド)」の略語です。未定・未確定・未決定というニュアンスがあります。よって、まだ決定事項でないとき、つまり「後日決定予定」という意味で使われます。

Price is still TBD.

意味:金額は未定

「TBA」 =「後日発表」

「TBA」は、「to be announced(トゥービーアナウンスト)」の略語です。すでに決定・確定しているが、これから正式発表するとき、つまり「後日発表」という意味があります。

Participants(TBA)

意味:参加者は後日発表

「TBS」=「調整中」

「TBS」は、「to Be Scheduled(トゥービースケジュール)」の略語です。「調整中」という意味があります。

trip plan(TBS)

意味:旅行日程は調整中

まとめ

「TBC」「TBD」「TBA」「TBS」は似ていますが、それぞれ意味が異なります。ビジネスメールや書類にでてきたときは、その意味を理解できるようしっかり覚えておきましょう。

おすすめのビジネスオンライン英会話

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること