MENU

英語の数字の読み方!0から100までの基本から大きい数字・単位の読み方まで徹底網羅

数字は日常生活で必要不可欠な重要な情報のひとつです。でもいざ英語で数字を読もうとすると、悩んでしまう方もいることでしょう。

今回は、数字の基本から、序数、大きな数字、分数など数字の読み方をご紹介します。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
kiminiオンライン英会話

kimini英会話は「コスパ満足度が高い思う」「英会話初心者おすすめ」「子どもに受けさせたい」、オンライン英会話で3冠達成しているサービスです。

通学の必要もなく「高品質の英語」を学習することができます。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
  • 英語初心者で自信がない
  • オンライン英会話が初めて
  • 他のオンライン英会話で上手くいかなかった
  • ビジネス英語を学びたい

今なら月額1,078円から始められます
この機会にお試しレッスンで、高品質レッスンを体験してみてください。

【目次】 この記事でわかること

【基本】数字「0」から「100」までの英語表記と読み方

英語には、「基数」と「序数」の2つの数字の表現、読み方があります。まずは基本的な数を表す「基数」の読み方からみていきましょう。

「0」から「10」

英語の数字の基本です。暗記しましょう。

0:zero(ゼロ)

1:one(ワン)

2:two(トゥー)

3:three(スリー)

4:four(フォー)

5:five(ファイブ)

6:six(シックス)

7:seven(セブン)

8:eight(エイト)

9:nine(ナイン)

10:ten(テン)

「11」から「20」

「11」から「19」までも覚えるべき重要な英単語です。しっかり覚えましょう。

11:eleven(イレブン)

12:twelve(トゥエルブ)

13:thirteen(サーティーン)

14:fourteen(フォーティーン)

15:fifteen(フィフティーン)

16:sixteen(スィックスティーン)

17:seventeen(セブンティーン)

18:eighteen(エイティーン)

19:nineteen(ナインティーン)

「20」から「29」

「21」以降の数字の読み方には、基本のルールがあります。

例えば、20~29は「twenty(20)+one~nine(1~9)=twenty one~nine(21~29)」

    30~39は「thirty(30)+one~nine(1~9)=thirty one~nine(31~39)」

このルールを念頭に置き、「100」までの数字の読み方を確認しましょう。

20:twenty one(トゥエンティー)

21:twenty one(トゥエンティ ワン)

22:twenty two(トゥエンティ トゥー)

23:twenty three(トゥエンティ スリー)

24:twenty four(トゥエンティ フォー)

25:twenty five(トゥエンティ ファイブ)

26:twenty six(トゥエンティ シックス)

27:twenty seven(トゥエンティ セブン)

28:twenty eight(トゥエンティ エイト)

29:twenty nine(トゥエンティ ナイン)

「30」から「39」

30:thirty(サーティ)

31:thirty one(サーティ ワン)

32:thirty two(サーティ トゥー)

33:thirty three(サーティ スリー)

34:thirty four(サーティ フォー)

35:thirty five(サーティ ファイブ)

36:thirty six(サーティ シックス)

37:thirty seven(サーティ セブン)

38:thirty eight(サーティ エイト)

39:thirty nine(サーティ ナイン)

「40」から「49」

40:forty(フォーティー)

41:forty one(フォーティ ワン)

42:forty two(フォーティ トゥー)

43:forty three(フォーティ スリー)

44:forty four(フォーティ フォー)

45:forty five(フォーティ ファイブ)

46:forty six(フォーティ シックス)

47:forty seven(フォーティ セブン)

48:forty eight(フォーティ エイト)

49:forty nine(フォーティ ナイン)

「50」から「59」

50:fifty(フィフティ)

51:fifty one(フィフティ ワン)

52:fifty two(フィフティ トゥー)

53:fifty three(フィフティ スリー)

54:fifty four(フィフティ フォー)

55:fifty five(フィフティ ファイブ)

56:fifty six(フィフティ シックス)

57:fifty seven(フィフティ セブン)

58:fifty eight(フィフティ エイト)

59:fifty nine(フィフティ ナイン)

「60」から「69」

60:sixty(シックスティ)

61:sixty one(シックスティ ワン)

62:sixty two(シックスティ トゥー)

63:sixty three(シックスティ スリー)

64:sixty four(シックスティ フォー)

65:sixty five(シックスティ ファイブ)

66:sixty six(シックスティ シックス)

67:sixty seven(シックスティ セブン)

68:sixty eight(シックスティ エイト)

69:sixty nine(シックスティ ナイン)

「70」から「79」

70:seventy(セブンティ)

71:seventy one(セブンティ ワン)

72:seventy two(セブンティ トゥー)

73:seventy three(セブンティ スリー)

74:seventy four(セブンティ フォー)

75:seventy five(セブンティ ファイブ)

76:seventy six(セブンティ シックス)

77:seventy seven(セブンティ セブン)

78:seventy eight(セブンティ エイト)

79:seventy nine(セブンティ ナイン)

「80」から「89」

80:eighty(エイティ)

81:eighty one(エイティ ワン)

82:eighty two(エイティ トゥー)

83:eighty three(エイティ スリー)

84:eighty four(エイティ フォー)

85:eighty five(エイティ ファイブ)

86:eighty six(エイティ シックス)

87:eighty seven(エイティ セブン)

88:eighty eight(エイティ エイト)

89:eighty nine(エイティ ナイン)

「90」から「100」

90:ninety(ナインティ)

91:ninety one(ナインティ ワン)

92:ninety two(ナインティ トゥー)

93:ninety three(ナインティ スリー)

94:ninety four(ナインティ フォー)

95:ninety five(ナインティ ファイブ)

96:ninety six(ナインティ シックス)

97:ninety seven(ナインティ セブン)

98:ninety eight(ナインティ エイト)

99:ninety nine(ナインティ ナイン)

100:one hundred(ワンハンド レッド)

数字3桁の読み方

100単位の読み方

100の場合は、「one hundred(ワン ハンドレッド)」もしくは「a hundred(ア ハンドレッド)」と読むこともあります。

200~900までは、「100の位の数字+hundred」で読みます。

200:two hundred(トゥー ハンドレッド)

300:three hundred(スリー ハンドレッド)

400:four hundred(フォー ハンドレッド)

500:five hundred(ファイブ ハンドレッド)

600:six hundred(シックス ハンドレッド)

700:seven hundred(セブン ハンドレッド)

800:eight hundred(エイト ハンドレッド)

900:nine hundred(ナイン ハンドレッド)

異なる数字3桁の読み方

3桁の数字がすべて異なる場合は、基本「100の位+下2桁」で読みます。ただし、「100」の場合は、「one hundred」、もしくは「a hundred」と読むこともあります。

また「101」のように、「10の位が0」のときは、「one hundred one (ワンハンドレッドワン)」のほかに、「0」を「アンド」に入れ替えて「one hundred and one(ワンハンドレッドアンドワン)」という読み方もあります。

105:one hundred five(ワン ハンドレッド ファイブ) / one hundred five(ワン ハンドレッド アンド ファイブ)

110:one hundred ten(ワン ハンドレッド テン)

112:one hundred twelve(ワン ハンド トゥエルブ)

190:one hundred ninety(ワン ハンドレッド ナインティ)

200:two hundred(トゥ ハンドレッド)

365:three hundred sixty five(スリー ハンドレッド シックスティ ファイブ)

808:eight hundred eight(エイト ハンドレッド エイト)/ eight hundred and eight(エイト ハンドレッド アンド エイト)

932:ninty three two(ナイン ティスリー トゥ)

数字4桁の読み方

「1,000」は英語で「one thousand(ワンサウザン)」です。4桁の数字が異なる場合は、基本「千の位」と「下3桁の数字」で分けて読みます。

3桁の数字の読み方同様、「百の位」が「0」、「十の位」が「0」のときは、「and(アンド)」と読むこともあります。

1,001:one thousand one (ワン サウザン ワン)/ one thousand and one(ワンサウザン アンド ワン)

1,005:one thousand five(ワン サウザン ファイブ) / one thousand and five(ワンサウザン アンド ファイブ)

1,110:one thousand one hundred ten(ワン サウザン ワン ハンドレッド テン)

3,000:three thousand (スリー サウザン)

5,550:five thousand five hundred fifty(ファイブ サウザン ファイブ ハンドレッド フィフティー)

7,500:seven thousand five  hundred(セブン サウザン ファイブ ハンドレッド)

漢数字の単位の読み方

続いて、「千」以上の漢数字の英語の読み方をみていきましょう。日本語の漢数字では、「千」「万」「億」「兆」と「4桁」ごとに規則的に変わっていきます。

一方、英語の数字は、

・「百」:「hundred」

・「千」:「thousand」

・「百万」:「million」

・「十億」:「billion」

・「一兆」:「trillion」

・「千兆」:「quadrillion」

と「3桁」ごとに規則的に変わります。つまり、「,」(コンマ)を目印にして読めばいいのです。ですから、各コンマの単位を覚えましょう。

では、「千」から「千兆」までの英語の読み方を確認してみましょう。

・千(1,000):one thousand(ワン サウザンド)

・一万(10,000):ten thousand(テン サウザンド)

・十万(100,000):one hundred thousand(ワン ハンドレッド サウザンド)

・百万(1,000,000):one million(ワン ミリオン)

・千万(10,000,0000):ten million(テン ミリオン)

・一億(100,000,0000):one hundred million(ワン ハンドレッド ミリオン)

・十億(1,000,000,0000):one billion(ワン ビリオン)

・百億(10,000,000,0000):ten billion(テン ビリオン)

・千億(100,000,000,0000):one hundred billion(ワァン ハンドレッド ビリオン)

・一兆(1,000,000,000,0000):one trillion(ワン トゥリリオン)

・十兆(10,000,000,000,0000):ten trillion(テン トゥリリオン)

・百兆(100,000,000,000,0000):one hundred trillion(ワン ハンドレッド トゥリリオン)

・千兆(1,000,000,000,000,0000):one quadrillion(ワン クゥアドゥリリオン)

序数の読み方

基数だけでなく、「序数」の英語表記と読み方も覚えておくと便利です。基数は主に数や量を表すとき使いますが、序数は順序を表したいときに使います。また、後述しますが、分数を英語で読むときも序数を使います。

「1」から「10」の序数

「1」から「3」以外の数字は、基本「th」を付けます。「1」から「3」に関しては、そのまま覚えましょう。

1:first(ファースト)

2:second(セカンド)

3:third(サード)

4:fourth(フォース)

5:fifth(フィフス)

6:sixth(シックス)

7:seventh(セブンス)

8:eighth(エイス)

9:ninth(ナインス)

10:tenth(テンス)

「11」から「20」の序数

11:eleventh(イレヴンス)

12:twelfth(トゥウェルフス)

13:thirteenth(サーティーンス)

14:fourteenth(フォーティーンス)

15:fifteenth(フィフティーンス)

16:sixteenth(シックスティーンス)

17:seventeenth(セヴンティーンス)

18:eighteenth(エイティーンス)

19:nineteenth(ナインティーンス)

20:twentieth(トウェンティース)

数字2桁の読み方

30:thirtieth(サーティース)

40:fortieth(フォーティース)

50:fiftieth(フィフティース)

60:sixtieth(シックスティース)

70:seventieth(セブンティース)

80:eightieth(エイティース)

90:ninetieth(ナインティース)

上記以外の2桁の数字は、「10の位」と「1の位」の間に「-」(ハイフン)を入れて表記します。

21:twenty-first

32:thirty-second

55:fifty-fifth

数字3桁の読み方

3桁の場合は、「100の位+hundred+下2桁」で表記します。「hundred」を「and」にかえて読むこと可能です。

123:one hundred twnety-third

356:three hundred fify-sixth

629:six hundred twney-ninth

小数の読み方

では、小数は英語でどのように読むのでしょうか?まず「.(小数)」は英語で、「point(ポイント)」といいます。

小数は、小数点以下の数字をひとつずつ読むだけなので、とても簡単です。一般的には、以下のように読みます。

1.5:one point five

0.1:zero point one

0.04:zero point zero four

0.18:zero point one eight

0.87:zero point eight seven

3.14:Three point one four

なお、「0」から始まる小数点の場合は、「zero」を省いたり、「0」を意味する「nought(ノォト)」にかえて読むことがあります。

例:0.18の場合

zero point one eight(ゼロ ポイント ワン エイト)

point one eight(ポイント ワン エイト)

nought one eight(ノォト ワン エイト)

分数の読み方

日本語で分数を読む場合、「分子+分母」の順番で読みます。例えば、1/3の場合は、3分の1と読みます。

一方、英語の読み方は正反対になります。つまり、「分子+分母」の順番で読みます。また、数字の組み合わせによって読み方のルールも変わるため複雑です。

では、読み方を詳しくみていきましょう。

英語特殊の表現「1/2」と「1/4」

「1/2」と「1/4」は、英語特殊の表現です。このまま暗記しましょう。

「1/2」:「a half(ア ハーフ)」もしくは「one half(ワンハーフ)」

「1/4」:「a quarter(ア クォーター)」もしくは「one quarter(ワン クォーター)」

分子が「1」の場合

「1/2」と「1/4」以外で、分子が「1」の場合は、「1+序数」で読みます。

1/3:one third(a third)

1/5:one fifth(a fifth)

1/8:one eight(an eihgt)

1/10:one tenths

分子が「2」以上の複数の場合

分子が「2」以上の場合は、分母の序数を「複数」にしなければいけません。つまり、「th+s」にします。

2/3:two thirds

3/4:three quarters

4/10:four tenths

3/7:three seventh

比率の読み方

「:」を使った比率は、「:」を「to」に置き換えて読みます。

「5:5」:five to five

「10:15」:ten to fifty

The ratio of man and woman is 4 to 3. (男女の比率は4対3です。)

倍数の読み方

「2倍」「3倍」など英語の「倍数」は、「数字+times」で表現します。なお、2倍に関しては、「twice」と表現することもあります。

2倍:two times / twice

3倍:three times

5倍:five times

まとめ

今回は、英語の数字の読み方についてご紹介しました。英語の数字には「基数」と「序数」の2種類が使われています。

特に基数は数字の基本で、日常生活に必要不可欠な重要英単語です。何度も声に出してしっかり覚えましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること