MENU

「keep in touch」はいつ使えるフレーズ?「keep in touch」の意味と使い方

「keep in touch」は、メールや手紙の末尾に頻繫に登場するフレーズのひとつです。

「keep in touch」にはどのような意味があるのでしょうか?メールや手紙以外にも使える表現なのでしょうか?

ビジネス英語を学びたいなら
おすすめのオンラインビジネス英会話
Bizmates(ビズメイツ)
https://www.bizmates.jp/

ビジネス特化型のオンライン英会話で「レッスン価格」「満足度」ともにNO.1のBizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)がおすすめの人
  • ビジネス英会話が初めての人
  • 低価格・高品質のビジネス英会話を学習したい人
  • 自分の職種・職業に合うビジネス英語を学びたい人

初心者からでも最低限のフレーズを習得できる教材や質の高い講師との実際のビジネスシーンを想定された英会話で97.1%の受講生が満足しているオンライン英会話サービス。

通学を超える高品質クオリティで継続率90.2%と続けやすい、コストパフォーマンスの高いビジネス特化型オンライン英会話です。

無料体験レッスンを申し込む

【目次】 この記事でわかること

「keep in touch」の意味

「keep in touch」の動詞「keep」には「~を保つ」「~を維持する」、「in touch」には「連絡する」という意味があります。よって、「keep in touch」は、直訳すると「連絡を取り続けようね」という意味です。

ただし、使用するシーンによって、その場に応じたニュアンスを伝えることができます。

その一例として、以下のような意味で使われることもあります。

  • 連絡をしてね。
  • 今後もコンタクトを取り合い続けましょう。
  • またね。
  • また連絡するね。
  • お互いに連絡をし合おうね。

「keep in touch」の使い方

では、実際に使われている例文をみてみましょう。

Keep in touch!

(メールの結びに)連絡を取り合おうね。

Let’s keep in touch with each other on e-mail.

メールでコンタクトを取り合いましょう。

「in touch」を使った表現

「in touch」を使って、様々な表現をすることができます。よく使われている表現として、以下の表現があります。

  • get in touch with~:~に連絡する。
  • be in touch with~:~に連絡する。

例文

I will get in touch with you again later.

意味:後日、もう一度連絡します。

I’ll be in touch with her.

意味:彼女に連絡してみます。

まとめ

「keep in touch」は、「連絡を取り合う」ことを伝える便利なフレーズです。ネイティブと友情を続けるためにも「keep in touch」を上手に使いこなしていきましょう。

おすすめのビジネスオンライン英会話

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

【目次】 この記事でわかること